読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チェシャ猫の消滅定理

数学にプログラミング、素敵なもの何もかも。

Dockerfile をパラメータ化するツール VoicePipe を作ってみました

ひとつの Dockerfile から複数の Docker イメージをビルドすることができます。

github.com

背景

インフラ環境まわりを Docker 化している場合、しばしば複数の Docker イメージを同時並行的に管理する必要が生じます。例えばミドルウェアのバージョンの組み合わせをいろいろ試したいとか、開発環境と本番環境とで設定を変えたいとか。

一方、一般的にイメージとしてビルドされる情報はすべて Dockerfile に記述されており、docker build コマンドの際にはパラメータを渡すことができないため、いきおい、一部分だけ異なる Dockerfile を複数管理する状況に陥ったりします。

これは面倒だし、Dockerfile に変更を入れるときに漏れが出ないとも限らない。できれば一元化したい。

VoicePipe はこのような状況に対応し、単独の Dockerfile にパラメータを導入して、そこから相異なる複数の Docker イメージをビルドするためのツールです。

インストール

$ go get https://github.com/y-taka-23/voicepipe

使い方

例として、開発環境用と本番環境用に、index.html の内容がそれぞれ異なるふたつの Nginx の Docker イメージを作成する必要があるとしましょう。

最終的な作業用ディレクトリの中身は次のようになります。ちなみに同じものが GitHub リポジトリexample 以下に作成してあります。

+--- Dockerfile
+--- index
|    +--- index_develop.html
|    +--- index_latest.html
|    `--- index_production.html
`--- voicepipe.yml

まず、Dockerfile の中身は次のようにしましょう。差し替える予定のパラメータとなる部分が、ENV コマンドによって環境変数 INDEX_HTML として定義されていることに注意します。

FROM nginx
ENV INDEX_HTML index_latest.html
COPY index/${INDEX_HTML} /usr/share/nginx/html/index.html

次に、必要なイメージのパラメータを voicepipe.yml に記述します。

repository: user/nginx
images:
  - tag: develop
    description: "for the development environment"
    parameters:
      - name: INDEX_HTML
        value: index_develop.html
  - tag: production
    description: "for the production environment"
    parameters:
      - name: INDEX_HTML
        value: index_production.html

最後に voicepipe.yml と同じディレクトリ内で

$ voicepipe build

を実行すると、ふたつの Docker イメージ user/nginx:developuser/nginx:production がビルドされるはずです。もちろん、各々のイメージ内の index.html にはそれぞれ対応するものが COPY されています。

動作原理

ls -a などを実行するとわかりますが、ビルドしたあとの作業ディレクトリには次のような隠しディレクトリ .voicepipe が生成されています。

+--- .voicepipe
|    +--- develop
|    |    +--- Dockerfile
|    |    `--- index
|    |         +--- index_develop.html
|    |         +--- index_latest.html
|    |         `--- index_production.html
|    `--- production
|         +--- Dockerfile
|         `--- index
|              +--- index_develop.html
|              +--- index_latest.html
|              `--- index_production.html
+--- Dockerfile
+--- index
|    +--- index_develop.html
|    +--- index_latest.html
|    `--- index_production.html
`--- voicepipe.yml

また .voicepipe/develop.voicepipe/production の中にある Dockerfile を見ると、voicepipe.yml の指定に従って ENV 行が書き変わっているのがわかるはずです。実際にビルドされているのはこれら生成された Dockerfile です。

なお、Dockerfile を Git で管理している場合はこの .voicepipe は邪魔なので、.gitignore で無視させるか、あるいはビルド後に voicepipe clean を実行すると削除してくれます。

その他

ちなみに、voicepipe list を実行するとビルドできるイメージとその説明が一覧で表示されたり、voicepipe build -L とするとついでに元の Dockerfile を latest タグでビルドしたりします。

なお、Docker 1.6 から、Dockerfile 中のLABEL 行でイメージにラベルを付与する機能がつきました。VoicePipe でもこのラベルを設定できるようにしようかと思っているのですが、それはまた別の話。